つかさ【官/司】 の意味

  1. 役所。官庁。「陰陽 (おんみょう) の―」
    • 「―にも許し給へり今宵のみ飲まむ酒かも散りこすなゆめ」〈・一六五七〉
  1. 役人。官吏。「国の―」「郡 (こおり) の―」
    • 「近き所々の御庄 (みさう) の―召して」〈・須磨〉
  1. 官職。また一般に、職務。「内侍 (ないし) の―」
    • 「近衛の中将を捨てて申し賜はれりける―なれど」〈・若紫〉

つかさ【官/司】の慣用句

  1. つかさくらい【官位】
    • 官職と位階。かんい。
      「罪なくて罪に当たり、―を取られ」〈・明石〉
  1. つかさこうぶり【官冠/官爵】
    • 官職と位階。官位。
      「高き家の子として―心にかなひ」〈・少女〉
    • 年官と年爵。
      「受領までこそ得させ給はざらめ、―、御封などはあべき事なり」〈栄花・見果てぬ夢〉
  1. つかさつかさ【官官/司司】
    • 中央の各省庁。「―できちんと対応する」
    • 多くの役所。また、多くの役人。つかさづかさ。
      「御法事にすべて―の人皆ゐたち」〈栄花・月の宴〉
  1. つかさびと【官人】
    • 官職にある人。官吏。役人。
      「―より始めて、諸々の民に至るまで」〈東関紀行
  1. つかさめし【司召】
  1. つかさめしのじもく【司召の除目】
    • 在京の諸官を任命する公事(くじ)。古くは春、平安中期ごろから秋に行われるようになった。内官の除目。秋の除目。京官の除目。→県召(あがためし)の除目
  1. つかさやっこ【官奴】
    • 古代、官有の奴婢(ぬひ)