出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. つかむこと。手で握ること。多く他の語と複合して用いる。「ひと―」「わし―」

  1. 相手の気持ちを引きつけること。また、その事柄。お笑い芸人が観客を引きつけるために最初に放つ独創のギャグ。また、講演や説明会の最初に聴衆の関心興味を高めるために話す事柄。「―のうまい芸人」

  1. 囲碁で互先 (たがいせん) のとき、先手を決める方法。一方が碁石を任意の数だけ握り、他方がその数の奇数か偶数かを当てたら先手となり、違えば後手となる。にぎり。

  1. 花札で、出来役の札を手札の中にそろえて持つこと。

  1. 破風 (はふ) 板の合う部分を固める板。蟻板 (ありいた) 。

  1. 欲の深いこと。また、その人。欲ばり。

    1. 「残りの臣下は欲づらの―の達者」〈浄・今国性爺〉

  1. 草履取り。

    1. 「召し連れたる―が言ふやう」〈咄・軽口大矢数〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース