• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

い‐ふ〔ヰ‐〕【畏怖】 の意味

  1. [名](スル)おそれおののくこと。「畏怖の念を抱く」「神を畏怖する」
  • 名詞
  • い‐ふ〔ヰ‐〕【畏怖】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・一刀一拝した古人の用意はこの無意識の境に対する畏怖を語ってはいないであろうか? 創作は常に冒険である。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」

    • ・・・重圧する畏怖の下に、黙々と憐れな人間の意図を衛っている。

      梶井基次郎「温泉」

    • ・・・昼間は金毛の兎が遊んでいるように見える谿向こうの枯萱山が、夜になると黒ぐろとした畏怖に変わった。

      梶井基次郎「闇の絵巻」