出典:デジタル大辞泉(小学館)

弘前市を中心に産する漆器。中塗りの上に、漆に卵白やゼラチンなどをまぜ、へらや刷毛 (はけ) を用いて文様を表す絞漆 (しぼうるし) 法で凹凸を作ったあと、各種の色漆を塗り重ね、独特の砥石 (といし) で雲形の斑紋や模様を研ぎ出したもの。質は堅牢で耐久性がある。