出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]《連語「つか(使)わす」の意味が発展して一語化したものという。3が原義であるが、後に敬意が薄れて下位者を派遣するだけの場合にも用いる》
  1. 目上の人が目下の者に対して人などを行かせる。やる。派遣する。「使者を―・す」

  1. 目上の人が目下の者に物などを与える。賜う。下賜する。「ほうびを―・そう」

  1. 古くは「行かせる」「与える」の尊敬語として、「給う」などを付けないで用いる。ご派遣になる。お与えになる。

    1. 「靱負命婦 (ゆげひのみゃうぶ) といふを―・す」〈・桐壺〉

    2. 「ありつる御随身して―・す」〈・夕顔〉
  1. 勅撰集などの詞書や目上に対するかしこまる会話・消息で話し手側の動作として用い、物などを与えるのを、与える相手を低めることによって、聞き手に対し丁重に表現する。くれてやります。

    1. 「雨の降りけるに、藤の花を折りて人に―・しける」〈古今・春下・詞書〉

  1. (補助動詞)動詞の連用形に助詞「て」を添えた形に付いて、相手に対する動作を尊大な気持ちを含めて表す。…してやる。「書いて―・す」「ほめて―・す」

出典:青空文庫