出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 地球衛星。赤道半径は1738キロ、質量は地球の約81分の1。恒星を基準とすると地球の周りを周期約27.3日(恒星月)で公転する。自転と公転の周期が等しいので、常に一定の半面だけを地球に向けている。太陽の光を受けて輝き、太陽と地球に対する位置によって見かけの形が変化し、新月朔 (さく) )・上弦満月望 (ぼう) )・下弦の現象を繰り返す。この周期が朔望月 (げつ) で、約29.5日。昔から人々に親しまれ、詩歌・伝説の素材とされる。太陰。月輪。 秋》「―ぞしるべこなたへいらせ旅の宿/芭蕉

  1. 他の惑星の衛星。「土星の月」

  1. 月の光。月光。つきかげ。「月がさし込む」「月の明るい晩」

  1. 暦で、1年を12に分けた一。太陽暦では、「大の月」を31日、「小の月」を30日、ただし2月だけ平年は28日、閏年 (うるうどし) は29日とする。

  1. 1か月。「月に一度の会議」

  1. 約10か月の妊娠期間。「月満ちて玉のような子を産む」

  1. 紋所の名。1の形を図案化したもの。

  1. 月のもの。月経。

    1. 「汝 (な) が着 (け) せる襲 (おすひ) の裾に―立ちにけり」〈・中・歌謡〉