(つき)も朧(おぼろ)に白魚の篝(かがり)もかすむ春の空 の意味

  1. 歌舞伎「三人吉三廓初買 (さんにんきちさくるわのはつがい) 」の、お嬢吉三のせりふの冒頭の一節。しらじらと明けて霞んでいる初春の空の情景を表したもの。