出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 付くこと。付着すること。また、そのぐあい。「―のいい粘着テープ」

  1. 火がつくこと。火が移って燃えるぐあい。火つき。「―の悪いマッチ」

  1. ある人のそばにつき従うこと。また、その人。付き添い。→御付 (おつ) き

    1. 「夫々 (それぞれ) に支度して老実 (まめやか) の―を撰み」〈一葉・暁月夜〉

  1. かっこう。ようす。

    1. 「体の―がちょっとだけ違うよってなあ」〈谷崎・卍〉

  1. 好運。「―が回る」「―が落ちる」

    1. ㋐からだに関する名詞の下に付いて、そのもののようす・かっこうを表す。「顔―」「手―」

    2. ㋑名詞の下に付いて、そのものが付属していることを表す。「家具―のアパート」

    3. ㋒人を表す名詞の下に付いて、その人の世話をする役であることを表す。「社長―秘書」

  1. 手がかりになるもの。

    1. 「人にあはむ―のなきには思ひおきて胸はしり火に心やけをり」〈古今・雑体〉

  1. 《試金石にすりつけて調べるところから》金銀の品質。

    1. 「―の悪き銀 (かね) を」〈浮・永代蔵・五〉