つきおか‐よしとし〔つきをか‐〕【月岡芳年】 とは

  1. [1839~1892]幕末から明治初期の浮世絵師。江戸の生まれ。本名、吉岡米次郎。号、玉桜楼・一魁斎。のち大蘇 (たいそ) 芳年と称した。初め歌川国芳に師事。歴史画・美人画に異色の作品をのこしたほか、新聞の挿絵でも活躍。