つき‐そで【突(き)袖】例文一覧 1件

  1. ・・・ もうまるで大人になった体をもてあました様に柱によっかからせてついこないだから着始めた袖の着物の両袂に手を突込んで突袖をして居る様子は「にわか」の由良さんを十倍したほど下品に滑稽で間抜けに見えた。 千世子が歯がゆい様に眉をピクピクさ・・・<宮本百合子「千世子(二)」青空文庫>