つき‐たち【月立ち/一日/×朔】例文一覧 2件

  1. ・・・が、賀節望二十八日の登城の度に、必ず、それを一本ずつ、坊主たちにとられるとなると、容易ならない支出である。あるいは、そのために運上を増して煙管の入目を償うような事が、起らないとも限らない。そうなっては、大変である――三人の忠義の侍は、皆云・・・<芥川竜之介「煙管」青空文庫>
  2. ・・・氏に命じて天文を觀測せしめ民に暦を頒ちしをいひ、羲仲を嵎夷に居らしめ、星鳥の中するを以て春分を定め、羲叔を南交にやりて星火の中するを以て夏至を定め、和仲を昧谷におきて星虚の中するを以て秋分とし、和叔を方にをらしめて星昴の中するを以て冬至を・・・<白鳥庫吉「『尚書』の高等批評」青空文庫>