つき‐と・める【突(き)止める】例文一覧 1件

  1. ・・・そうして星がちょうど糸を通過する瞬間を頭の中の時のテープに突き止めるのであるが、まだよく慣れないうちは、あれあれと思う間に星のほうはするすると視野を通り抜けてしまってどうする暇もない。しかし慣れるに従って星がだんだんにのろく見えて来る、一秒・・・<寺田寅彦「空想日録」青空文庫>