出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 毎月きまって行われること。月に一度ずつあること。毎月。月ごと。「―の会」

  1. 月並俳句」の略。

  1. 月次の祭」の略。

  1. 十二の月の順序。月の移り変わり。「なみ」を「波」に掛けて、歌語として用いられる。

    1. 「水のおもに照る―を数ふれば今宵ぞ秋のもなかなりける」〈拾遺・秋〉

[名・形動]新鮮みがなく、ありふれていて平凡なこと。また、そのさま。「―な表現」「発想が―だ」
    1. 「そんな―を食いにわざわざここ迄来やしないと」〈漱石吾輩は猫である

出典:青空文庫