出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 陳腐で、新鮮みのない俳句や俳諧の調子。正岡子規が旧派の俳風を批判していった語。

  1. ありきたりで、新しさのない調子。「月並調のあいさつ」

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉