出典:デジタル大辞泉(小学館)

陰暦6月と12月の11日に、神祇官 (じんぎかん) で行われていた神事。伊勢神宮をはじめ304座の全国主要神社に幣帛 (へいはく) を奉り、天皇の健康と国家の平安を祈る。もと月ごとに行われるべきものであったので「月なみ」の名があるが、半年ずつまとめて夏と冬の2季に催された。応仁の乱で一時中絶したが、明治5年(1872)復興され、第二次大戦前まで続いた。
一般の神社で毎月行われる定例の祭り。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉