出典:デジタル大辞泉(小学館)

月が出るとともに満ちてくる潮。つきのでしお。

「和歌の浦に―のさすままに夜なく鶴の声ぞかなしき」〈新古今・雑上〉