出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ガ五(四)]

  1. (「嗣ぐ」とも書く)前の者のあとを受けて、その仕事・精神・地位などを引き続いて行う。続けてする。相続する。継承する。「家業を―・ぐ」「王位を―・ぐ」「父の志を―・ぐ」

  1. (「接ぐ」とも書く)

    1. ㋐ばらばらになっているもの、連続していないものをつなぎ合わせる。くっつける。「骨を―・ぐ」「破片を―・いで復元する」

    2. ㋑つぎ木をする。「ノバラにバラを―・ぐ」

  1. 衣服の、破れたりいたんだりした箇所につぎを当てて直す。つくろう。「靴下の破れを―・ぐ」

  1. 絶えないように前からあるものに加え補う。補給する。「炭を―・ぐ」「息を―・ぐ」

  1. 囲碁で、切れそうな所に石を置いて補強する。相手に切断されないよう自分の石をつなぐ手を指す。

  1. 「切る」の忌み詞

    1. 「一の刀にて魚頭を―・ぎ」〈虎明狂・鱸庖丁

[可能]つげる

出典:青空文庫

出典:gooニュース