出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. そのことのために全部を使ってしまう。ある限りを出しきる。「手を―・す」「最善を―・す」

  1. その事柄の極にまで達する。成しうるまでする。きわめる。「善美を―・した建築」「ぜいたくの限りを―・す」

  1. 果たす。全うする。「本分を―・す」「義務を―・す」

  1. 他の者のために精一杯働いたり努力したりする。尽力する。「社会に―・す」「夫に―・す」

  1. すべてを表現する。「辛酸は筆舌に―・しがたい」

  1. (動詞の連用形に付いて)全部…する。すっかり…してしまう。「書き―・す」「言い―・す」

[可能]つくせる

出典:青空文庫