出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. 物事を、静かに深く考えたり、注意深く観察したりするさま。よくよく。じっくり。「寝た子の顔を熟(と)眺める」「熟(と)将来を考える」

  1. 物事を痛切に感じるさま。しんから。しみじみ。「熟(と)自分が嫌になる」「社会の厳しさを熟(と)感じる」

  1. もの寂しく、ぼんやりしているさま。つくねん。

    1. 「―と臥したるにもやるかたなき心地すれば」〈・紅葉賀〉