出典:デジタル大辞泉(小学館)

大和絵の技法の一。墨線で下描きし、その上から彩色を施し、最後に人物の顔貌や衣の輪郭などを墨線で精緻 (せいち) に描 (か) き起こすもの。平安時代の源氏物語絵巻が典型的な例。