つくり‐わらい〔‐わらひ〕【作り笑い】例文一覧 2件

  1. ・・・お千代の暢気につれて、心にもない事をいい、面白く感ぜぬ事にも作り笑いして、うわの空に歩いている。おとよの心にはただ省作が見えるばかりだ、天竺牡丹も霧島も西洋草花も何もかもありゃしない。「省さんは先へいったのかしら、それともまだであとから・・・<伊藤左千夫「春の潮」青空文庫>
  2. ・・・僕はわざと作り笑いをもって平気をよそい、お貞やお君さんや正ちゃんやと時間つぶしの話をした。吉弥がまだ湯から帰らないのをひそかに知っていたからだ。「吉弥は風呂に行ってまだ帰りませんが――もう、帰りそうなものだに、なア」と、お貞はお君に言っ・・・<岩野泡鳴「耽溺」青空文庫>