• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

つけ【付け/附け】 の意味

  1. [名]
  1. 支払い請求書。勘定書き。書きつけ。「会社に―を回す」
  1. その場で支払わないで店の帳簿につけさせておき、あとでまとめて支払うこと。また、その支払い方法。「―で飲む」「―がきく」
  1. 運。つき。つごう。
  1. (ふつう「ツケ」と書く)歌舞伎で、立ち回り・駆け足・打擲 (ちょうちゃく) の音などを表現し、また見得 (みえ) を印象づけるため、舞台上手の横で、役者の動作に合わせて板を拍子木に似た柝 (き) で打つこと。また、その拍子。上方では「かげ」という。付け拍子。
  1. 付け帳」の略。
  1. 手紙。
    • 「此中 (こんぢう) ―をよこした女 (あま) よ」〈滑・浮世床・初〉
  1. [接尾]動詞の連用形に付いて、いつもそうしている、…しなれている、などの意を表す。「掛かり―の医者」

つけ【付け/附け】の慣用句

  1. 付けが回って来る
  1. 付けが回る
    • 《あとから請求書がまわってきて支払いをさせられる意から》よくないことを行ったり、無理を通したりした当座は何もなくても、あとになってその始末をつけなければならなくなる。報いが現れる。「やっつけ仕事の―・る」