つけ‐がろう〔‐ガラウ〕【付家老】 の意味

  1. 江戸時代、幕府から親藩に、または大名の本家から分家に、監督や補佐としてつけておいた家老。付け人家老。付け人。