出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ下一][文]つ・く[カ下二]
  1. あるものが他のものから離れない状態にする。

    1. ㋐表面に密着させる。くっつける。付着させる。「おしろいを―・ける」「マニキュアを―・ける」「扉に金具を―・ける」

    2. ㋑主となるものに他のものを加える。何かに添えたり、付属させたりする。「利息を―・ける」「振り仮名を―・ける」「部屋にクーラーを―・ける」

    3. ㋒あとを残す。あとに残るように書きとめる。しるす。印する。「しみを―・ける」「日記を―・ける」

    4. ㋓ある性質・能力などがそなわるようにする。「悪知恵を―・ける」「技術を身に―・ける」

    5. ㋔ある物事・状態・作用などを新たに生じさせたり、増し加えたりする。「雪をかいて道を―・ける」「丸みを―・ける」

  1. (着ける)

    1. ㋐からだにまとわせたり、帯びたりする。衣服などを着る。着用する。「はかまを―・ける」「犬に首輪を―・ける」

    2. ㋑乗り物をある場所に寄せ止める。「船を岸に―・ける」「車寄せに―・ける」

    3. ㋒からだのある部分を何かに届かせる。近寄せて触れさせる。「頭を地に―・ける」「頰と頰を―・ける」

    4. ㋓ある場所に位置させる。命じて一定の所にいさせる。「走者をスタートラインに―・ける」

    1. ㋐あとに続き従わせる。あとに続く。「好位置に―・けている」「2位に―・ける」

    2. ㋑ある立場に心を寄せさせて従わせる。「味方に―・ける」

    3. ㋒人をそばに置く。そばにいさせて世話をさせる。「ボディーガードを―・ける」「付き添いを―・ける」

    4. ㋓あとを追う。尾行する。「少し離れて―・けて行く」

  1. ある働きを発動させる。活動を開始させる。

    1. ㋐働きを盛んにする。「食欲を―・ける」「元気を―・ける」

    2. ㋑(点ける)燃えるようにする。また、あかりをともす。スイッチなどを入れて器具を作動させる。「枯れ草に火を―・ける」「電灯を―・ける」

    3. ㋒五感でとらえる。感覚器官を働かせる。注意を向ける。「気を―・ける」「目を―・ける」

  1. ある定まった状態をつくり出す。

    1. ㋐解決させる。落着させる。まとめる。「話を―・ける」「けりを―・ける」

    2. ㋑ある名前や値段にする。「題名を―・ける」「時価で値を―・ける」

    3. ㋒意志を固める。「決心を―・ける」「死ぬ覚悟を―・ける」

  1. 連歌・俳諧で、前の句にうまくつながらせて、あとに句をつづける。

  1. 器に盛ったり燗 (かん) をしたりして、飲食物を用意する。「御飯を―・ける」「一本―・けてくれ」

  1. (「…につけ」「…につけて」の形で)…に関連して。…に伴って。…の場合も。「何事に―・け相談してください」「よきに―・け悪しきに―・け」「暑さ寒さに―・けて故郷を思う」

  1. (動詞の連用形に付いて)

    1. ㋐それをすることが習慣になっている、しなれている意を表す。「履 (は) き―・けている靴」「行き―・けない場所」

    2. ㋑相手に対してなされる行為の勢いが激しい意を表す。「たたき―・ける」「しかり―・ける」

    3. ㋒その行為が、ある対象に向けられる意を表す。「言い―・ける」

    4. ㋓到着する、または来させる意を表す。「駆け―・ける」「呼び―・ける」

    5. ㋔しっかりととどめる意を表す。「心に刻み―・ける」

    6. ㋕鼻や目で感じとって、何かを探り当てる意を表す。「嗅 (か) ぎ―・ける」

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉