出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ブドウ科の落葉性の蔓 (つる) 植物。吸盤のある巻きひげで木や岩に固着する。葉は卵形で、ふつう三つに裂けており、秋に紅葉する。夏、黄緑色の小花が集まって咲き、実は黒紫色に熟す。日本・朝鮮半島・中国に分布。なつづた。 秋》「―植ゑて竹四五本のあらし哉/芭蕉

  1. 紋所の名。ツタの葉をかたどったもの。鬼蔦・中陰蔦・結び蔦など。

  1. ツタの葉に似せたひもの結び方。つたむすび。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語