出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。五番目物。僧に化けた土蜘蛛が病中の源頼光を襲うが、刀で切りつけられ、姿を消す。頼光の家臣があとを追い、葛城山で退治する。
歌舞伎舞踊。長唄。河竹黙阿弥作詞、3世杵屋正次郎作曲。明治14年(1881)東京新富座初演。を舞踊化した松羽目 (まつばめ) 物で、新古演劇十種の一。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉