出典:デジタル大辞泉(小学館)

刺米 (さしまい) のとき、米さしの筒から地面にこぼれ落ちた米。

「貰へども一粒くれぬ―人は噛むらし面影に立つ」〈仮・仁勢物語・下〉