出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]《「つきかかる」の音変化》
  1. あるものをめがけて、突いてゆく。「竹棹 (たけざお) を手に―・っていく」

  1. 言いがかりをつける。くってかかる。「相手かまわず―・る」

  1. 歩いていて何かにつきあたる。ぶつかる。「切り株に―・って転ぶ」