出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ下一][文]つっか・く[カ下二]《「つきかける」の音変化》
  1. 履物を足の指先にひっかけるようにして無造作にはく。「サンダルを―・ける」

  1. 勢いよく何かにぶつける。「立ち上がりざま椅子に足を―・ける」

  1. 相撲の仕切りの際、相手との呼吸が合わず、先にしかける。「制限時間前に―・ける」

  1. 一気に物事をする。

    1. 「―・けて食べましたによって…風味を覚えませぬ」〈虎寛狂・悪太郎

  1. 掛けてつり下げる。

    1. 「この襦袢をそこらへ―・けて置いてくれ」〈伎・浮名横櫛