出典:デジタル大辞泉(小学館)

野ネズミが保有するリケッチアの一種をツツガムシが媒介し、人が刺されたときに感染して起こる病気。高熱を発し、リンパ節が腫 (は) れ、全身に発疹 (ほっしん) が生じる。感染症予防法の4類感染症の一。致命的となることがあったが、現在は有効な抗生物質がある。