つつじ【躑躅】 の意味

  1. ツツジ科ツツジ属の植物の総称。常緑または落葉性の低木、まれに小高木もある。よく分枝し、枝や葉に毛がある。春から夏、白・紅・紫色などの漏斗形で先の5裂した花が咲く。園芸種も多く、ヤマツツジサツキレンゲツツジミツバツツジなどがある。ツツジ科の双子葉植物は約1400種あり、温帯・寒帯地域および熱帯の高山に分布し、シャクナゲアセビコケモモエリカなども含まれる。 春》「―いけて其蔭に干鱈 (ひだら) さく女/芭蕉
  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は蘇芳 (すおう) 、裏は萌葱 (もえぎ) または紅色。

つつじ【躑躅】の慣用句

  1. つつじいろ【躑躅色】
    • ツツジの花のような鮮やかなピンク色。紫がかった淡赤色。
  1. つつじばな【躑躅花】
    • [枕]ツツジの花の色が美しい意から、「にほふ」にかかる。
      「―にほへる君がにほ鳥のなづさひ来むと」〈・四四三〉