出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古く日本で、中空の胴に皮を張って打ち鳴らす楽器の総称。

  1. 中央が細くくびれた木製の胴の両端に皮を当てて、ひもで締めた打楽器。能楽・歌舞伎囃子 (ばやし) などの大鼓小鼓、雅楽の三の鼓などがあるが、狭義には小鼓だけをさす。

  1. 紋所の名。2の形を図案化したもので、種類が多い。