出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 魚・肉・野菜などを木の葉・紙・ホイルなどに包んで焼くこと。また、その焼いたもの。

  1. 鮒 (ふな) の腹に昆布・串柿 (くしがき) ・焼き栗などを入れて焼いたもの。門出や出陣の祝いに用いた。

    1. 「鮒の―のありける腹に、小さく文を書きて、押しいれて奉り給へり」〈宇治拾遺・一五〉

[生活/料理]カテゴリの言葉