つとめ‐ぎ【勤め気】 の意味

  1. 自分のつとめを果たそうとする気持ち。また、他人に何かしてやりたいと思う気持ち。
    • 「菊治にたいして、よほど―がうせたとみえる」〈康成・千羽鶴〉
  1. 遊女・芸者などが客に対してもつ職業的、形式的なサービス精神。通り一遍の情。
    • 「勤 (つとめ) は勤、―を放れて真に惚れ抜いた」〈人・恩愛二葉草・二〉
  • 名詞