つとめ‐むき【勤め向き】例文一覧 1件

  1. ・・・しかし相談中をやめられて、用人格というものになっただけで、勤め向きは前の通りであった。五十七のとき蝦夷開拓論をした。六十三のとき藩主に願って隠居した。井伊閣老が桜田見附で遭難せられ、景山公が亡くなられた年である。 家は五十一のとき隼町に・・・<森鴎外「安井夫人」青空文庫>