出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 植物の繊維や針金などをより合わせて長くつくったもの。ロープ。

  1. 心身が不安・危険な状態にあるとき、すがって頼みとするもの。「命の綱」「頼みの綱」

  1. 相撲で、横綱のこと。

[用法]つな・[用法]なわ・[用法]ひも――太さでは、一般的に綱、縄、紐 (ひも) の順に細くなる。材料・形状については、綱は繊維や針金をより合わせたもの。縄は主に稲のわらをより合わせたものだが、他の材料を用いる場合に、「麻縄」「しゅろ縄」などのように言うこともある。◇「紐」は繊維をより合わせたもののほか、紙・布・ゴムなどのより合わせていないものにも言う。◇用途面では、「綱」は主に、何かを支えたり引っ張ったりする。「命綱をつけて海に飛び込む」「引き綱」。「縄」は「罪人を縄で縛る」「薪を縄で縛って担ぐ」など縛るのに用いる。「紐」は結び付けることに用途の中心がある。「靴紐を結ぶ」◇外来語「ロープ」(英語)は「綱」「縄」の範囲で「紐」は含まない。「ザイル」(ドイツ語)は、もっぱら登山用の綱。