出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

  1. 一定しない。無常である。

    1. 「飛鳥川の淵瀬―◦ぬ世にしあれば」〈徒然・二五〉

  1. 普通ではない。いつもと違っている。

    1. 「殊に母がなげきも―◦ず」〈浮・武家義理・一〉