出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](「粒粒」とも書く)たくさんの粒状のもの。また、その一つ一つ。ぼつぼつ。「顔につぶつぶができる」「つぶつぶのあるきゅうり」「つぶつぶジュース」→つぶつぶ感
[副]
  1. たくさんの粒を感じるさま。「つぶつぶとした食感」

  1. 粒状に表面に現れるさま。また、たくさんの粒となって流れるさま。

    1. 「刀 (とう) に従って―と出で」〈露伴・連環記〉

  1. 字を離して書くさま。ぽつりぽつり。

    1. 「―とあやしき鳥の跡のやうに書きて」〈・橋姫〉

  1. まるまると肥えているさま。ふっくら。

    1. 「いとよく肥えて、―とをかしげなる胸をあけて」〈・横笛〉

  1. こまごまと。くわしく。

    1. 「いかで―と言ひ知らするものにもがな」〈かげろふ・上〉

  1. 胸がどきどきと鳴るさま。

    1. 「胸―と鳴る心地するもうたてあれば」〈・野分〉

  1. 針目をあけ無造作に縫うさま。ぶつぶつ。

    1. 「御したがひの御くびに、―と長く縫ひつけて」〈宇津保・俊蔭〉

  1. 勢いよく切り刻むさま。

    1. 「―と切りて、鍋に入れて」〈今昔・二〇・三四〉

  1. 物の煮える音を表す語。

    1. 「豆のからをたきて豆を煮ける音の―と鳴るを」〈徒然・六九〉

  1. 10 口の中でぶつぶつ言うさま。ぶつぶつ。

    1. 「口のうち―と念じ給ひつつ」〈読・雨月・蛇性の婬〉

    2. [アクセント]はツブツブブツブ。

出典:gooニュース

出典:青空文庫