つまみ‐あらい〔‐あらひ〕【摘み洗い】例文一覧 1件

  1. ・・・幸いとお神さんの亭主の妹の家が八幡様の前だというので、そこへ行って羽織だけ摘み洗いをしてもらうことにして、その間寒さを堪えて公園の中で待っていた。芝居へ入って前の方の平土間へ陣取る。出方は新次郎と言って、阿久の懇意な男であった。一番目は「酒・・・<永井荷風「深川の散歩」青空文庫>