出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]

  1. 指先ではさむ。指先や箸 (はし) などではさみもつ。「鼻を―・む」「塩をちょっと―・む」

  1. 指先などで取って食べる。また、手軽に食べる。「一つ―・んでください」「すしを―・む」

  1. 重要なところを抜き出す。かいつまむ。「要点を―・んで話す」

  1. (多く「つままれる」の形で用いる)狐 (きつね) などが人をだます。化かす。「まるで狐に―・まれたような話」

  1. 俗に、生検を行うこと。「胃の組織を―・む」

[可能]つまめる
[用法]つまむ・[用法]はさむ――「箸 (はし) でつまんで(挟んで)皿に移して下さい」など、間に入れて持つの意では相通じて用いられる。◇「つまむ」は指先または箸などの先を使った動作で、「鼻をつまむ」「箸で煮豆をつまんで食う」のように用いる。◇「挟む」は二つの物の間に何かを入れて動かないようにすることで、「両脚で挟んで締めつける」「小脇に挟む」のように、道具に特別の限定がない。◇「すしをつまむ」「菓子をつまんでください」などの「つまむ」は取り上げて食べる意で、「挟む」とは言わない。◇「机を挟んで向き合う」「人の話に口を挟む」などの「挟む」は「つまむ」に置き換えることはできない。