つみ・する【罪する】例文一覧 1件

  1. ・・・ もし心得ちがいの者ありて自由の分限を越え、他人を害して自から利せんとする者あれば、すなわち人間の仲間に害ある人なるゆえ、天の罪するところ、人の許さざるところ、貴賤長幼の差別なく、これを軽蔑して可なり、これを罰して差支なし。右の如く、人・・・<福沢諭吉「中津留別の書」青空文庫>