出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 爪でかいた傷あと。「猫の爪痕」

  1. 天災や戦争などが残した被害や影響。「台風の爪痕」

[補説]近年、「爪痕を残す」という言い方で、本来の意味とは異なる「成果をあげる」「印象づける」「一矢を報いる」などの意味で用いられることがある。