出典:デジタル大辞泉(小学館)

義太夫節で、艶物 (つやもの) を語ること。また、それを得意とする人。艶物語り。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉