出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 晴れた朝に草の上などにみられる水滴。地面や物体が露点以下の温度まで冷えると、大気中の水蒸気凝結して生じる。「葉に露を置く」 秋》「市人の物うちかたる―のなか/蕪村

  1. わずかなこと。「露の情け」「露の間」

  1. はかなく消えやすいこと。「断頭台の露と消える」「露の命」

  1. 狩衣 (かりぎぬ) 水干などの袖ぐくりの緒の垂れた端。

  1. 掛け物の風帯の端をとじた糸の余りを両端へ出したもの。

  1. 涙にたとえていう語。

    1. 「あはれてふ言の葉ごとに置く―は昔を恋ふる涙なりけり」〈古今・雑下〉

  1. 祝儀。心付け。

    1. 「一人に五、六両づつ―打ちければ」〈浮・好色盛衰記〉

  1. 豆板銀 (まめいたぎん) の異称。

    1. 「前巾着に細かなる―を盗みためて」〈浮・一代男・一〉

[副]
  1. あとに打消しの語を伴って、それを強める気持ちを表す。少しも。まったく。「そんなこととは露知らずにいた」「彼の話を露疑わなかった」

  1. 程度がわずかであるさま。少し。ちょっと。

    1. 「―あしうもせば沈みやせむ」〈・三〇六〉