出典:デジタル大辞泉(小学館)

つる(蔓)の古名。

「定めなくなるなる瓜の―見ても立ちやよりこむこまのすき者」〈拾遺・雑下〉