出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 物事の最後。もうこれまで。

    1. 「散らねどもかねてぞ惜しきもみぢ葉は―の色と見つれば」〈古今・秋下〉

  1. 人の死に際。臨終。

    1. 「―になり給ひにし御病の末つ方」〈・橋姫〉