出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. しりとりで詠み続ける和歌。前の歌の最後の言葉をとって、次の歌の初めに詠み込むもの。

  1. 連歌 (れんが) 」に同じ。

    1. 「昔、一条摂政のみもとにて、人々―侍りけるに」〈撰集抄・八〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉