出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 植物の茎で、それ自体では立たず、長く伸びて他の物に巻きついたりよじ登ったりするもの。また、ブドウなどの巻きひげ。

  1. 眼鏡の耳にかける部分。

  1. てがかり。てづる。

    1. 「なにか金の―を見つけたのかと」〈石川淳・普賢〉