出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]
  1. (「攣る」とも書く)引っ張られた状態になって一方へ寄る。つれる。

    1. ㋐筋肉が急に収縮し、痛くて動かせなくなる。ひきつる。「筋が―・る」

    2. ㋑物の一方の端が引っ張られたように上へ上がる。つりあがる。「目の―・った人」

    3. ㋒引かれて縮む。「縫い目が―・る」

    1. ㋐(釣る)魚を釣り針にひっかけてとる。また、それに似たやり方で虫などをとらえる。「カツオを―・る」「トンボを―・る」

    2. ㋑(釣る)気を引くようなことをちらつかせて、こちらの思うとおりに相手を動かす。巧みに相手を誘う。「甘い言葉で―・る」「広告で客を―・る」

    3. ㋒物の上部を固定して垂れ下げる。上からぶらさげる。また、物の両端を固定して空中にかけ渡す。「棚を―・る」「蚊帳 (かや) を―・る」「橋を―・る」

    4. ㋓(吊る)首をくくる。縊死 (いし) する。「首を―・る」

    5. ㋔(吊る)相撲で、両手を相手のまわしにかけて高く持ち上げる。

[可能]つれる
[動ラ下二]つ(吊)れる」の文語形。

出典:青空文庫