出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。脇能物。喜多流では「月宮殿 (げっきゅうでん) 」。唐土の皇帝が新春の節会に鶴と亀に舞をまわせ、みずからも月宮殿で舞楽に興じる。
長唄。謡曲「鶴亀」の詞章に10世杵屋 (きねや) 六左衛門が作曲したもの。嘉永4年(1851)発表。
常磐津 (ときわず) 。本名題「細石巌鶴亀 (さざれいしいわおのつるかめ) 」。3世瀬川如皐 (じょこう) 作詞、4世岸沢古式部作曲。文久元年(1861)発表。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉